postheadericon アダルトコンテンツ

世の中にアダルトコンテンツと名のつくものは、いくらでもある。
それこそ、世界中の男性が(あるいはひょっとして、女性も)アダルトコンテンツの虜になっている。あまり公にはしがたい趣味ではあるが、収集している人も少なくはないだろう。
人類有史、連綿と歴史が連なってきた背景には、男と女、つまりは「性」が欠かせない。アダルトコンテンツを求めるのも、人が積み重ねてきた経験と実績の賜物なのかも知れない。

ところで、アダルトコンテンツと言ってまず想定するのは、女性の裸などのエロ画像であったり、男女の絡みが映されたAVであったり、様々だと思う。だが、ほとんどの人はそれを、三次元的、つまり実在する人物にして想像することと思う。
性が男女の睦み事に関わるものであるならば、それは当然のことである。だが、ここ日本という国では、どちらかというと二次元、つまりはアニメやエロゲー、漫画などを中心とする場合が多い。
エロ画像にしても、もちろん三次元の女性を映したものも多いが、アニメやエロゲーの登場人物を表示しているものも多い。それはつまり、アダルトコンテンツを消費する側の好みが、三次元的ではなく二次元的であるという証左でもある。

日本の男性(そして、一部の女性)は、アダルトコンテンツの趣味の対象として、二次元を期待する場合が多い。エロ画像も、エロアニメも、エロゲーも、エロ漫画も、どれも二次元の創作物だ。
三次元のアダルトコンテンツが不人気である、というわけではない。ただ、それを押しのける勢いで、二次元のエロ画像やエロアニメ、エロゲーが流行っているのだ。

いったい、そこにはどういう魅力があるのだろう? そしてそれらを好む人々は、いったいどのようにして、そういったアダルトコンテンツを収集しているのだろうか?
ここでは、おおっぴらに語られることの少ない、アダルトコンテンツについて少し考察してみたいと思う。

外部リンク

無料エロアプリを探すならここ|web step
最高にエロいエロゲーを探しているなら|萌川商店
エロ画像が大量にダウンロードできます:タツシボム
H漫画はとても興奮しますよ/Sugaryou.com(シュガーユウ)
xvideoの人気作品は│xvideos図書館

カレンダー
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930